森 恭三(読み)モリ キョウゾウ

20世紀日本人名事典「森 恭三」の解説

森 恭三
モリ キョウゾウ

昭和期のジャーナリスト,評論家 元・朝日新聞論説主幹。



生年
明治40(1907)年9月24日

没年
昭和59(1984)年2月15日

出生地
兵庫県西宮市

学歴〔年〕
東京帝国大学法学部〔昭和5年〕卒

経歴
昭和5年大阪朝日新聞に入社。経済記者からニューヨーク支局員、戦中南方上海を取材。戦後は朝日労組委員長。副委員長の広岡知男と共に共産党対立。戦後の朝日は森・広岡ラインにより運営されたという説もある。27年ヨーロッパ総局長、39年論説主幹を経て、42年定年退職。著書に「日本を考える」「ヨーロッパ通信」「記者遍路」「風速計」「私の朝日新聞社史」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「森 恭三」の解説

森 恭三 (もり きょうぞう)

生年月日:1907年9月24日
昭和時代の新聞記者。朝日新聞論説主幹
1984年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android