栗色(読み)くりいろ

色名がわかる辞典 「栗色」の解説

くりいろ【栗色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「暗いみの黄赤」としている。一般に、ブナ科クリの実のような濃い茶色のこと。古くは栗皮くりかわ色とも呼ばれた日本の伝統色名。英名マルーンmaroonという。濃い茶色の馬を栗毛と呼び、この英名はチェスナッツ。また、栗色の髪と形容されるように髪色一つでもある。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典 「栗色」の意味・読み・例文・類語

くり‐いろ【栗色】

〘名〙 栗の実の皮のような色。こげ茶色。くり。栗皮色。栗皮茶。〔文明本節用集(室町中)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「栗色」の意味・読み・例文・類語

くり‐いろ【×栗色】

栗の実の皮のような焦げ茶色。「栗色の髪」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ボソン

ボース統計に従う粒子。ボース粒子ともいう。スピンが整数の素粒子や複合粒子はボソンであり,光子,すべての中間子,および偶数個の核子からなる原子核などがその例である。またフォノンやプラズモンのような準粒子...

ボソンの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android