枯色(読み)かれいろ

精選版 日本国語大辞典「枯色」の解説

かれ‐いろ【枯色】

〘名〙
① 草や木の葉の枯れはてた色。また、草木などの枯れはてた様子。
※俳諧・曠野(1689)三「枯色は麦ばかり見る夏の〈生林〉」
② 襲(かさね)の色目の名。が香(こう)色または黄色、裏は青色とする。冬用いる。
※堺本枕(10C終)六二「からきぬは、冬はあか色。夏はふたあひ。はかれいろ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

色名がわかる辞典「枯色」の解説

かれいろ【枯色】

色名の一つ。枯草色ともいう。冬枯れ草のような、くすんだ黄系統を表す伝統色黄色にやや赤みがかっている。冬に用いると、秋の名残を感じさせて風情がある。かつては暖かい冬の日に枯れた野原見物に行ったという。かさね色目いろめでは枯野という名称となり、表が黄色、裏は薄い

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android