朱筆を入れる(読み)しゅひつをいれる

精選版 日本国語大辞典「朱筆を入れる」の解説

しゅひつ【朱筆】 を=入(い)れる[=加(くわ)える]

朱墨で書き入れや訂正などをする。
※フランス文壇史(1954‐56)〈河盛好蔵〉早熟の天才「まもなく校正が出て、すぐ彼は筆を入れ始めた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「朱筆を入れる」の解説

朱筆しゅひつ・れる

朱で書き入れや訂正などをする。朱を入れる。朱筆を加える。「原稿に―・れる」
[類語]筆を入れる朱を入れる手を入れる手を加える添削補筆筆削推敲彫琢

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android