朱夏(読み)しゅか

精選版 日本国語大辞典「朱夏」の解説

しゅ‐か【朱夏】

〘名〙 (五行思想で、中国において、赤色を夏に配するところから) 夏の異称。室町末期には「首夏」と混同して四月の意で用いられることが多かった。《季・夏》
※殿上合(1056)泉石夏中寒〈藤原憲房〉「禁庭泉石隔塵埃夏帯寒足趁来
※黒本本節用集(室町)「朱夏 シュか 四月名也 又作首夏」 〔傅咸‐舜華賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「朱夏」の解説

しゅ‐か【朱夏】

《五行思想で、色を夏に配するところから》の異称。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「朱夏」の解説

【朱夏】しゆか

夏。唐・杜甫〔を営む〕詩 に陰江の竹り 能く朱夏をして(すず)しからしむ

字通「朱」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android