朮餠・白朮餠(読み)おけらもち

精選版 日本国語大辞典「朮餠・白朮餠」の解説

おけら‐もち をけら‥【朮餠・白朮餠】

〘名〙 (近世、京都の五条天神社で、節分の夜、詣人が悪病を除くまじないとして、陰干しにしたオケラと白い餠を受ける習俗があったところから) 節分の夜に供える白い円餠。うけらもち。おけらもちい。
※仮名草子・悔草(1647)下「五条の天神へ。節分に諸人の参て。朮餠(オケラモチ)を受用(うけもちゆ)事は。えやみを除く。其遺法と也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android