末端(読み)まったん

精選版 日本国語大辞典 「末端」の意味・読み・例文・類語

まっ‐たん【末端】

〘名〙
① 物のはし。さき。
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉下「恐ろしさが私の髪の毛の末端迄来た時ですら」
② 組織などの、中枢からもっとも遠い部分。下部。〔生物学語彙(1884)〕
③ 転じて、些細(ささい)なこと。つまらないこと。
※道元(1955)〈唐木順三〉「曹洞の始祖としての自信と権威との挙示とみられないこともない。然しそれは末端のことである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「末端」の意味・読み・例文・類語

まっ‐たん【末端】

物のはしの部分。「枝の末端
組織などの中央から最も遠い部分。「意図を末端にまで徹底させる」
[類語]先端突端あたま先っぽヘッドはしはな突先とっさき突端とっぱな一端いったん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「末端」の読み・字形・画数・意味

【末端】まつたん

はし。

字通「末」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

カッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)

イタリア系フランス人の天文学者。カシニともいう。ニース近郊に生まれ、ジェノバで聖職修業中に、ガリレイの弟子カバリエリに師事して数学・天文学を修得し、1650年25歳でボローニャ大学教授に任ぜられた。惑...

カッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android