木村 作次郎(読み)キムラ サクジロウ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和 「木村 作次郎」の解説

木村 作次郎
キムラ サクジロウ


肩書
衆院議員,美濃大正新聞社長

旧名・旧姓
旧姓=上田

生年月日
明治5年7月5日

出生地
岐阜県

学歴
東京法学院 東京政治学校

経歴
旅館経営の一方、政治に関心、その一環として明治35年西濃週報を出した。36年美濃時報、39年美濃新聞、大正元年美濃大正新聞と改題、各社長を務めた。この間大垣町議、安八郡議、大垣市議、同議長、岐阜県議を歴任、大正9年新聞を利用して衆院議員に当選、立憲政友会に所属した。昭和11年にも衆院に当選、当選3回。戦時中は翼賛議員同盟に属した。

没年月日
昭和23年12月20日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android