有馬(読み)ありま

精選版 日本国語大辞典「有馬」の解説

ありま【有馬】

[一] 神戸市北区の温泉町。六甲山の北面、古くから知られた山紫水明の地。温泉は含鉄類塩泉で、リウマチ、婦人病にきくといわれる。
※浮世草子・好色一代男(1682)三「此徒津の国有馬(アリマ)の湯女(ゆな)に替る所なし」
[二] 兵庫県南東部にあった郡。昭和二二年(一九四七)以降、神戸・西宮の両市に順次編入され、同三三年三田市の成立により消滅。〔二十巻本和名抄(934頃)〕

ありま【有馬】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「有馬」の解説

ありま【有馬】[姓氏]

氏の一。
[補説]「有馬」姓の人物
有馬晴信ありまはるのぶ
有馬頼義ありまよりちか
有馬頼寧ありまよりやす

ありま【有馬】[地名]

神戸市北区の地名六甲山北麓の温泉地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android