晩白柚(読み)バンペイユ

デジタル大辞泉「晩白柚」の解説

ばんぺい‐ゆ【晩×柚】

《「晩」は晩生、「白」は果肉の色、「」は中国語でザボンミカン科の小高木。ザボンの一種果実は大きく、最大直径25センチ、重さ4キロにもなる。果皮は薄い黄緑色、小袋に包まれた実は薄い酸味があり甘い。香りがよく、日持ちがする。収穫期は冬。熊本県八代地方などの特産。原産地は東南アジア。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品「晩白柚」の解説

晩白柚[果樹類]
ばんぺいゆ

九州・沖縄地方、熊本県の地域ブランド
主に八代地域で生産されている。出荷用に生産しているのは熊本県だけである。世界最大の果実といわれ、2kg以上に育ち果皮もかなり厚い。台湾の白柚に似、晩生であることから晩白柚と名づけられた。保存性が高く、室内に置いて鑑賞したあとに食べることもできる。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

デジタル大辞泉プラス「晩白柚」の解説

晩白柚(ばんぺいゆ)

熊本県八代市で生産される柑橘類。非常に大きなザボンの一種。果皮は光沢のあるレモン色で、果実は香りがよくさわやかな食味。2005年に八代市で収穫された4858gの重さの晩白柚は、ポメロ・みかん科で世界最大の果実としてギネス認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「晩白柚」の解説

晩白柚 (バンペイユ)

学名Citrus grandis
植物。ミカン科の常緑小高木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android