旧居(読み)きゅうきょ

精選版 日本国語大辞典 「旧居」の意味・読み・例文・類語

きゅう‐きょ キウ‥【旧居】

〘名〙 もと住んでいた家や所。
※続日本紀‐延暦四年(785)六月癸酉「臣旧居在於帯方
※古今著聞集(1254)六「ひとり旧居にとどまり居て」 〔向秀思旧賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「旧居」の意味・読み・例文・類語

きゅう‐きょ〔キウ‐〕【旧居】

以前の住まい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「旧居」の読み・字形・画数・意味

【旧居】きゆう(きう)きよ

昔の住居。晋・向秀〔思旧の賦〕河を濟(わた)りて以て舟を汎(うか)べ、山陽居を經たり。

字通「旧」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android