旧制(読み)きゅうせい

精選版 日本国語大辞典「旧制」の解説

きゅう‐せい キウ‥【旧制】

〘名〙
① 昔のおきて。古い制度。以前の制度。⇔新制
※翰林葫蘆集(1518頃)一・横川住景徳「乗間伺隙恣犯国家所
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉八「宿弊を改革し旧制(キウセイ)を折衷し時勢切当の法を立つべし」 〔春秋左伝注‐隠公一一年〕
② 特に、旧制高校旧制中学など第二次世界大戦前の学校制度。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「旧制」の解説

【旧制】きゆう(きう)せい

古い制度。班固両都〕西土の耆老、咸(ことごと)く怨思を懷(いだ)き、上(しゃう)の(けんこ)を冀(ねが)ひ、而してんに長安の制をし、邑(らくいふ)を陋とするの議り。

字通「旧」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android