新暦(読み)しんれき

精選版 日本国語大辞典「新暦」の解説

しん‐れき【新暦】

〘名〙
① 新たに制定した。新しい方法によって作った暦。しんごよみ。
※泰平年表‐常憲公・貞享元年(1684)四月二九日(古事類苑・方技五)「新暦頒行被仰出」 〔晉書‐律歴志・下〕
② 新しい年の暦。来年度に用いる暦。
※看聞御記‐応永二四年(1417)一二月一九日「新暦二巻八卦等在弘進之」 〔来鵠‐早春詩〕
③ 明治六年(一八七三)以後、それまでの太陰暦にかわって採用された暦。太陽暦。陽暦。旧暦の明治五年(一八七二)一二月三日をもって、新暦の明治六年一月一日とした。
※西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一三「十五夜も弓張月の新暦(シンレキ)に玉の兎の住所なし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「新暦」の解説

新暦【しんれき】

日本では明治6年(1873年)以降採用されているグレゴリオ暦をいう。旧暦。ただし閏(うるう)の置き方は1900年まで旧暦のままであった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

占い用語集「新暦」の解説

新暦

改暦を行った後の暦法のこと。改暦前の暦は旧暦となる。日本や東アジア諸国では、太陰太陽暦から改暦した太陽暦(グレゴリオ暦)が新暦になる。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

デジタル大辞泉「新暦」の解説

しん‐れき【新暦】

日本で明治6年(1873)以降採用されている、現行グレゴリオ暦のこと。⇔旧暦

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「新暦」の解説

【新暦】しんれき

太陽暦。

字通「新」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「新暦」の解説

新暦
しんれき

太陽暦

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android