敗戦(読み)はいせん

精選版 日本国語大辞典 「敗戦」の意味・読み・例文・類語

はい‐せん【敗戦】

〘名〙 戦争試合などに負けること。まけいくさ。
※一年有半(1901)〈中江兆民〉附録「貨幣分捕られて、即ち敗戦に帰するは当然の結果也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「敗戦」の意味・読み・例文・類語

はい‐せん【敗戦】

[名](スル)戦争・試合などに負けること。まけいくさ。「一点差で敗戦する」「敗戦国」
[類語]陥落落城敗走潰走帰服帰順屈従服従忍従降伏降参投降恐れ入る負けるギブアップかぶとを脱ぐシャッポを脱ぐ一本取られる敗れる負け戦敗北敗退完敗惨敗大敗惜敗やられる土がつく一敗地にまみれる屈するふくする屈服くじけるひざを屈するひざをかがめる軍門にくだ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

破壊措置命令

弾道ミサイルなどが日本に飛来・落下する恐れのある場合に、それを破壊するよう防衛大臣が自衛隊に命じること。弾道ミサイル破壊措置命令。[補説]原則として内閣総理大臣の承認を得た上で行われるが、事態の急変な...

破壊措置命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android