抹茶色(読み)まっちゃいろ

色名がわかる辞典 「抹茶色」の解説

まっちゃいろ【抹茶色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「やわらかい黄緑」としている。一般に、抹茶のような、ややくすんだ黄緑のこと。抹茶とは良質の茶葉を蒸し、乾燥させ、葉肉のみを臼でひいて微粉としたもの。現代では抹茶を含んだ菓子類や抹茶アイス、飲料の抹茶オーレなどが人気。色名としては和服、和装小物、風呂敷などに用いられる。英名ティーグリーン(tea green)は中国産緑茶の色を表している。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉 「抹茶色」の意味・読み・例文・類語

まっちゃ‐いろ【抹茶色】

抹茶のような色。柔らかい黄緑色

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android