技師(読み)ぎし

精選版 日本国語大辞典 「技師」の意味・読み・例文・類語

ぎ‐し【技師】

〘名〙
① 旧制官庁の技術官の一つ。技術上のことを掌る高等官、または高等官待遇のもの。技官
※技術官俸給令(明治三一年)(1898)三条「技師は奏任とし技手は判任とする」
② 工業、土木建築など、高度な技術を持っている専門家。
※人生に相渉るとは何の謂ぞ(1893)〈北村透谷〉「人間の霊魂を建築せんとする技師に至りては」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「技師」の意味・読み・例文・類語

ぎ‐し【技師】

機械・土木建築などの専門技術をもち、職業とする人。エンジニア
技官ぎかんの旧称。
[類語]技手技術者技工エンジニア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

破壊措置命令

弾道ミサイルなどが日本に飛来・落下する恐れのある場合に、それを破壊するよう防衛大臣が自衛隊に命じること。弾道ミサイル破壊措置命令。[補説]原則として内閣総理大臣の承認を得た上で行われるが、事態の急変な...

破壊措置命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android