手を入れる(読み)てをいれる

精選版 日本国語大辞典「手を入れる」の解説

て【手】 を 入(い)れる

① 手を加えて整える。手入れをする。また、不足を補ったり訂正したりする。
※郊外(1900)〈国木田独歩〉二「今日は自宅へ持て帰て少は手を入れたいからと言ふと」
② 手段を講じる。さぐりを入れる。わたりをつける。手をまわす。手を尽くす。
※玉塵抄(1563)二七「州吁が前に鄭が衛を伐たを報ぜうとて諸侯え色々手を入て乱をおこさうとするぞ」
③ 警察が犯罪を探る。また、証拠品の押収や検挙のために、現場に踏みこむ。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉続「是れには警察権も手を入れることが出来ないのだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「手を入れる」の解説

・れる

よい状態にするために、補ったり、直したりする。手を加える。「原稿に―・れる」「盆栽に―・れる」
捜査検挙のために、警察などが現場に踏み込む。「暴力団の事務所に―・れる」
[類語]直す改める正す訂する修正する是正する規正する改善する改良する改正する補正する訂正する修訂する改訂する補訂する補綴ほていする手直しする手を加える筆を入れる朱筆を入れる朱を入れる添削補筆筆削推敲彫琢

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android