戦勝(読み)せんしょう

精選版 日本国語大辞典 「戦勝」の意味・読み・例文・類語

せん‐しょう【戦勝・戦捷セフ

〘名〙 戦争に勝つこと。〔文明本節用集(室町中)〕
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉八「戦勝を得んと欲せば、大将たるもの、全幅の心力を戦闘に用ふべし」 〔韓詩外伝‐巻三〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通 「戦勝」の読み・字形・画数・意味

【戦勝】せんしよう

勝ちいくさ。〔礼記、聘義〕敢・強力なるも、之れを禮義・戰に用ひずして、之れを爭に用ふるものは、則ち之れを亂人と謂ふ。

字通「戦」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

デジタル大辞泉 「戦勝」の意味・読み・例文・類語

せん‐しょう〔‐シヨウ|‐セフ〕【戦勝/戦×捷】

戦争に勝つこと。かちいくさ。「―国」⇔戦敗
[類語]勝つ打ち勝つ競り勝つ打ちのめす打倒勝利凱旋制覇凱歌を揚げる軍配を上げる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

破壊措置命令

弾道ミサイルなどが日本に飛来・落下する恐れのある場合に、それを破壊するよう防衛大臣が自衛隊に命じること。弾道ミサイル破壊措置命令。[補説]原則として内閣総理大臣の承認を得た上で行われるが、事態の急変な...

破壊措置命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android