成育(読み)せいいく

精選版 日本国語大辞典「成育」の解説

せい‐いく【成育】

〙 成長すること。そだつこと。また、そだてること。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「故に此教師たるべき人物を成するが為」 〔漢書‐丙吉伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「成育」の解説

せい‐いく【成育】

[名](スル)
成長すること。育つこと。「孫がりっぱに成育する」
動物などが育って成熟すること。「幼魚成育する」
[類語]成長生長発育生育発達成熟育つ生い立つ長ずる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「成育」の解説

【成育】せいいく

そだてる。〔淮南子、本経訓〕日の(さ)ること四十六日にして、天は和を含んで未だらず、地はを懷(いだ)きて未だ揚らず、~を斟(しんしやく)し、宜を(はうはく)して、以て相ひ嘔咐(おうふ)し(あたため)、(うんじやう)して、群生す。

字通「成」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android