慶(漢字)

普及版 字通「慶(漢字)」の解説


常用漢字 15画

[字音] ケイ
[字訓] よろこび・たまもの・さいわい

[説文解字]
[金文]

[字形] 会意
(たい)+心。は解(かいたい)、神判のときに用いる神羊。その神判に勝訴をえた解の胸に、心字形の文飾を施し、吉慶のしるしとする。〔説文〕十下に「行きて人を賀するなり」とし、字の上部を吉礼のときに人に贈る鹿皮の形、下部を夊(すい)にして行く意とするが、字はの側身形に従う。心は吉礼の文身に用い、文の卜文・金文には心を加えたものが多い。慶は勝訴。敗訴者はその解と、人(大)と、自己詛盟の器の蓋を去ったもの((きよ))とを合わせて水に流す。その字はで、法の初文。古くは廃の意に用いた。慶は神判による勝訴、ゆえに吉慶の意となり、神の恩・恵福を意味する。

[訓義]
1. 神判による勝訴、よろこび、いわう。
2. たまもの、さいわい。
3. めでたい、よい、ほめる。
4. 羌と通じ、ああ。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕慶 ヨシ・ヨシヨシ・アア・ニギハヒ・ヨロコブ 〔字鏡〕慶 オホキナリ・オホシ・ヨロコブ

[語系]
慶khyang、羌khiangは声近く、感動詞として通用する。

[熟語]
慶渥・慶育・慶雲・慶・慶裔・慶悦・慶謁慶衍・慶煙・慶殃慶賀・慶快・慶会・慶喜・慶恵・慶・慶功・慶幸・慶削・慶士慶祉・慶賜・慶事・慶寿慶祝慶恤・慶祥慶霄慶觴・慶賞・慶色慶瑞・慶節慶羨・慶善慶祚・慶沢慶旦慶誕慶弔・慶典・慶牘・慶拝・慶福・慶抃・慶命・慶門・慶問・慶宥・慶余・慶誉・慶頼・慶霊・慶礼
[下接語]
栄慶・殃慶・恩慶・嘉慶・賀慶・吉慶・休慶・御慶・欣慶・幸慶・国慶・祝慶・祥慶・積慶・大慶・天慶・同慶・表慶・福慶・余慶・落慶・礼慶

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android