慣例(読み)かんれい

精選版 日本国語大辞典 「慣例」の意味・読み・例文・類語

かん‐れい クヮン‥【慣例】

〘名〙 以前から行なわれてきていて、習慣のようになっている事柄。しきたり。〔改訂増補哲学字彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「慣例」の意味・読み・例文・類語

かん‐れい〔クワン‐〕【慣例】

繰り返し行われて習慣のようになった事柄。しきたり。ならわし。「慣例に従う」
[類語]通例定例恒例慣行習い習わし仕来しきた常例世の常世の習い例によって例のごとし如し

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「慣例」の読み・字形・画数・意味

【慣例】かんれい

慣行。

字通「慣」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「慣例」の意味・わかりやすい解説

慣例
かんれい

先例・慣例」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「慣例」の意味・わかりやすい解説

慣例
かんれい

ルーティーン

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

カッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)

イタリア系フランス人の天文学者。カシニともいう。ニース近郊に生まれ、ジェノバで聖職修業中に、ガリレイの弟子カバリエリに師事して数学・天文学を修得し、1650年25歳でボローニャ大学教授に任ぜられた。惑...

カッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android