愛知 敬一(読み)アイチ ケイイチ

20世紀日本人名事典「愛知 敬一」の解説

愛知 敬一
アイチ ケイイチ

明治・大正期の理論物理学者 東北帝国大学教授。



生年
明治13(1880)年7月25日

没年
大正12(1923)年6月23日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京帝大理科大学物理学科〔明治36年〕,東京帝大大学院理論物理学専攻

学位〔年〕
理学博士(東北帝大)〔大正1年〕

経歴
幕臣・愛知信元の長男として生まれる。東京帝大講師を経て、明治38年京都帝大助教授となり、41年欧米に留学、理論物理学を研究する。帰国後、44年東北帝大理科大学創設と共に教授に就任した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android