愛知 揆一(読み)アイチ キイチ

20世紀日本人名事典「愛知 揆一」の解説

愛知 揆一
アイチ キイチ

昭和期の官僚,政治家 衆院議員(自民党);蔵相;外相。



生年
明治40(1907)年10月10日

没年
昭和48(1973)年11月23日

出生地
東京

出身地
宮城県仙台市

学歴〔年〕
東京帝国大学法学部政治学科〔昭和6年〕卒

経歴
昭和6年大蔵省に入り、財務書記として英、仏駐在。ロンドン国際経済会議随員、蔵相秘書官、20年文書課長、官房長を経て、22年銀行局長。25年参院選全国区に当選。28年大蔵政務次官、29年第5次吉田茂内閣の通産相兼経済審議庁長官。30年衆院選(宮城1区)に当選。32年岸信介内閣の官房長官から法相。39年第2次池田勇人内閣文相、41年第1次佐藤栄作内閣の官房長官、43年第2次佐藤内閣の外相として沖縄返還交渉に努め、44年愛知・ロジャース会談で協定を仕上げた。47年のポスト佐藤・総裁公選では田中角栄擁立に努め、同年暮れの第2次田中内閣で蔵相。翌年、石油ショック対策に追われる中で急死した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和「愛知 揆一」の解説

愛知 揆一
アイチ キイチ


肩書
衆院議員(自民党),蔵相,外相

生年月日
明治40年10月10日

出生地
東京

出身地
宮城県仙台市

学歴
東京帝国大学法学部政治学科〔昭和6年〕卒

経歴
昭和6年大蔵省に入り、財務書記として英、仏駐在。ロンドン国際経済会議随員、蔵相秘書官、20年文書課長、官房長を経て、22年銀行局長。25年参院選全国区に当選。28年大蔵政務次官、29年第5次吉田茂内閣の通産相兼経済審議庁長官。30年衆院選(宮城1区)に当選。32年岸信介内閣の官房長官から法相。39年第2次池田勇人内閣文相、41年第1次佐藤栄作内閣の官房長官、43年第2次佐藤内閣の外相として沖縄返還交渉に努め、44年愛知・ロジャース会談で協定を仕上げた。47年のポスト佐藤・総裁公選では田中角栄擁立に努め、同年暮れの第2次田中内閣で蔵相。翌年、石油ショック対策に追われる中で急死した。

没年月日
昭和48年11月23日

家族
孫=愛知 治郎(参院議員)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典「愛知 揆一」の解説

愛知 揆一 (あいち きいち)

生年月日:1907年10月10日
昭和時代の官僚;政治家。参議院議員;衆議院議員
1973年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android