愛甲 兼達(読み)アイコウ カネサト

20世紀日本人名事典「愛甲 兼達」の解説

愛甲 兼達
アイコウ カネサト

明治・大正期の実業家 十五銀行頭取。



生年
文久2年11月(1862年)

没年
昭和3(1928)年10月17日

出生地
薩摩国(鹿児島県)

旧姓(旧名)
津田

経歴
薩摩藩士・津田伝助の長男に生まれ、のち愛甲氏を嗣ぐ。浪速銀行、勤検貯蓄銀行(のち鹿児島銀行)、南島拓殖製糖の取締役を兼任、十五銀行常務を経て、のち頭取となる。ほかに鹿児島電気軌道(のち鹿児島市営電車)、太洋商船、大隈鉄道、日本水電(のち九州電力)などの取締役を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android