愛新覚羅 慧生(読み)アイシンカクラ エイセイ

20世紀日本人名事典「愛新覚羅 慧生」の解説

愛新覚羅 慧生
アイシンカクラ エイセイ

昭和期の女性 満州国皇帝溥儀



生年
昭和13(1938)年2月26日

没年
昭和32(1957)年12月10日

出生地
旧満州・新京

学歴〔年〕
学習院大学

経歴
満州皇帝・溥儀の実弟溥傑と嵯峨候爵家出身のとの間に長女として生まれ、当時日満親善のシンボルといわれた。昭和18年から日本に住み、幼稚園から学習院に学ぶ。学習院大学で同級生の大久保武道と恋愛関係となったが、結婚を反対され、慧生の北京行決定とともに自殺を決意。32年12月4日家出し、10日伊豆天城山中で2人の死体が発見された。“天城山心中”とマスコミに騒がれ、2人の書簡集「われ御身を愛す」はベストセラーとなった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「愛新覚羅 慧生」の解説

愛新覚羅 慧生 (あいしんかくら えいせい)

生年月日:1938年2月26日
旧満州国皇帝溥儀の姪
1957年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android