惚気(読み)のろけ

精選版 日本国語大辞典「惚気」の解説

のろけ【惚気】

〘名〙 (動詞「のろける()」の連用形の名詞化)
① ほれること。情におぼれること。あるいは、いい気になって自分の妻や、または恋人などのことをすこと。また、その話。おのろけ。
人情本・春色梅児誉美(1832‐33)三「うっかりしてゐて、おめへの艷情(ノロケ)を受るやつ
② 特に、女色におぼれる男をいう。放蕩者。
滑稽本・穴さがし心の内そと(1863‐65頃)初「此また此方の蕩夫(ノロケ)が、どこへいてけつかるのぢゃ」
③ うぬぼれること。花柳界でいう語。〔商業符牒袖宝(1884)〕

のろ・ける【惚気】

〘自カ下一〙
① 色情におぼれる。女にまいる。女にひかれて甘くなる。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「がながなお縁さんのへ倚て、のろけた顔を見なナ」
② 自分と妻や夫、または恋人に関することをいい気になって話す。妻や夫、または恋人を自慢する。
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)後「おめへがあんまりのろけるから、よだれをたらすかとおもってサ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「惚気」の解説

のろ‐け【×惚気】

のろけること。また、その話。「お惚気にあてられる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android