悪鬼(読み)あっき

精選版 日本国語大辞典「悪鬼」の解説

あっ‐き アク‥【悪鬼】

〘名〙
① たたりをなす妖怪。怨霊(おんりょう)。あるいは夜叉(やしゃ)などの悪鬼神
※霊異記(810‐824)上「悪鬼に託(くる)ひて多(あまた)濫言(みだりごと)すと雖も」
※金刀比羅本保元(1220頃か)上「いかなる悪鬼(アクキ)、行厄神(きゃうやくじん)も、面をむくべきやうはなし」 〔史記‐秦始皇本紀〕
② 比喩的に、ならず者。悪者。
※浄瑠璃・双蝶蝶曲輪日記(1749)四「悪鬼(アッキ)共が蛇の目傘、町一杯に肩肘を厳(いか)つがましく表より」
③ (形動) ①のように恐ろしいさま。
※浮世草子・当世宗匠気質(1781)四「ただいま申すとふりあっきな嚊めなれば」
※洒落本・𡝂閣秘言(1757頃)身仕廻部屋の段「ここらのすいといふは、大分あっきかまじるわいな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「悪鬼」の解説

あっ‐き〔アク‐〕【悪鬼】

たたりをする恐ろしい妖怪。
仏法に敵対するの邪悪な鬼神。

あく‐き【悪鬼】

あっき(悪鬼)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「悪鬼」の解説

【悪鬼】あくき

魔物

字通「悪」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android