念者の不念(読み)ねんしゃのぶねん

精選版 日本国語大辞典 「念者の不念」の意味・読み・例文・類語

ねんしゃ【念者】 の 不念(ぶねん)

念を入れて物事を行なう人が、時にはかえって不注意な時もあることのたとえ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「念者の不念」の意味・読み・例文・類語

念者ねんしゃ不念ふねん

念を入れて物事をする人でも不注意なことをする場合があるということ。
[類語]弘法にも筆の誤り河童の川流れ孔子くじの倒れ猿も木から落ちる上手の手から水が漏れる竜馬りゅうめつまず

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

破壊措置命令

弾道ミサイルなどが日本に飛来・落下する恐れのある場合に、それを破壊するよう防衛大臣が自衛隊に命じること。弾道ミサイル破壊措置命令。[補説]原則として内閣総理大臣の承認を得た上で行われるが、事態の急変な...

破壊措置命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android