志賀山せい(4代)(読み)しがやま せい

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「志賀山せい(4代)」の解説

志賀山せい(4代) しがやま-せい

?-? 江戸時代後期の舞踊家
4代中村重助の従妹。文政2年(1819)志賀山流12代をつぐ。中村千鶴(ちかく)の芸名のままで家元になったとするもある。のち3代中村仲蔵の後妻になる。江戸出身。本名は「たよ」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

サルノコシカケ

サルノコシカケ科やその近縁のキノコの総称。日本では4科約40属300種が知られ,ブナ林に日本特産種が多い。樹木の幹につき,半円形,木質で厚く堅く,上面には同心円紋があるものが多い。下面には無数の穴があ...

サルノコシカケの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android