復興(読み)ふっこう

精選版 日本国語大辞典 「復興」の意味・読み・例文・類語

ふっ‐こう フク‥【復興】

〘名〙 衰えた物事が再び盛んになること、また、再び盛んにすること。再興
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉緒言「小説したがって衰へしが〈略〉またまた大に復興(フクコウ)して」 〔後漢書‐祭遵伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「復興」の意味・読み・例文・類語

ふっ‐こう〔フク‐〕【復興】

[名](スル)いったん衰えたものが、再びもとの盛んな状態に返ること。また、盛んにすること。再興。「災害から復興する」「伝統工芸を復興する」
[類語]再興中興回復復旧復元還元復調復活蘇生そせい再生起死回生更生回天蘇る生き返る復帰カムバックリバイバル再起返り咲く息を吹き返す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「復興」の読み・字形・画数・意味

【復興】ふつこう

再興する。

字通「復」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android