御袴着御祝(読み)おんはかまぎおいわい

献辞辞典「御袴着御祝」の解説

御袴着御祝

袴着」とは、七五三のお祝いとして五歳男児両親に対して贈る金品の表書きの献辞 ( 上書き ) に用いられるものです。古くは宮中儀式 ( 御着の ) に発祥するもので、男児五歳時の11月15日に、出生後の無事感謝と今後の成長祈願のために神社に詣でてお祓いを受けます。御袴着の儀 :元は男児・女児ともに、三歳・五歳・七歳時に行われた「袴を着せ始める」お祝いの儀式で、後に武家社会でも執り入れられるようになって男児の五歳時に定着しました。※以前は数え歳で行われていたが現在では満年齢で行われることが多くなっています。

出典 (株)ササガワ献辞辞典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android