御用達(読み)ごようたし

百科事典マイペディア 「御用達」の意味・わかりやすい解説

御用達【ごようたし】

江戸時代,幕府・諸藩の役所・屋敷に出入りし,その需要を賄った特権商人御用聞(ごようきき)・御用商人御賄(おまない)などとも称された。主なものとして幕府の金座・銀座の座人,金銀為替組・公儀呉服師・菓子師,諸藩や旗本の掛屋(かけや)・蔵元(くらもと)・札差(ふださし)らがおり,そのほか生活用品や奢侈(しゃし)品をあつかった畳師・指物師・塗師・絵師らの職人もいた。多くは苗字帯刀を許され,扶持米・屋敷を給されるなど厚遇され,営業上の特権を利用して巨万の富を築く者もいた。江戸時代中期以降,幕府・諸藩の財政逼迫に伴い御用金を課せられることが多くなり,大坂鴻池(こうのいけ)や江戸の三谷(みたに)ら大名貸(だいみょうがし)で幕府・諸藩の財政政策に深く関わる者も出た。幕藩体制の崩壊とともにほとんどが没落した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典 「御用達」の意味・読み・例文・類語

ごよう‐だち【御用達】

随筆胆大小心録(1808)一三八「越前屋の市郎右衛門といふて、御用だちにて、老いて後には禅門になって、常にのわかい時にかわいがられた事ぞ」

ごよう‐たし【御用達】

※雑俳・柳多留‐三(1768)「野はかまでこじりはねたが御用達」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「御用達」の意味・読み・例文・類語

ごよう‐たし【御用達】

(「ごようたつ」とも)宮中・官庁などへ用品を納めること。「宮内庁御用達の品」
御用商人」に同じ。
[類語]商人商売人あきんど豪商御用商人政商画商貿易商小売商

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版 「御用達」の意味・わかりやすい解説

ごようたし【御用達】

江戸時代,幕府や諸藩の需要を賄う出入りの商人,職人のことで,御用聞,御賄などとも呼ばれた。幕府の金座,銀座の座人や,金銀為替組,呉服所,菓子所,廻船御用達,あるいは諸藩の掛屋蔵元などは御用達の代表といえよう。旗本・御家人俸禄米の換金化や,彼らに金貸しを行っていた札差商人も御用達の一種である。このほか御用達には,将軍や旗本,あるいは大名やその家臣らの日常必需品や奢侈(しやし)品などを調製するため出入りした特定の畳師,指物師,塗師,絵師,鍛冶師,具足師などの職人がいた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の御用達の言及

【三谷三九郎】より

…会津藩でも天明・寛政(1781‐1801)の改革は三谷だけの資金調達で実施されており,1800年(寛政12)には藩の三谷からの借金は10万8000両に及んだという。江戸での三谷は寛政改革のさいの勘定所御用達となり,三貨の調節や公金の貸付けなどに従事した。明治維新期には商法会所の元締頭取となって太政官札の貸付け,流通に力を尽くした。…

※「御用達」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特別抗告

(1) 民事訴訟法上,通常の不服申立が認められていない決定,または命令に対して直接最高裁判所に提起する抗告。この制度は,最高裁判所の違憲審査権を保障しようとするものであるため,原裁判に憲法解釈上の誤り...

特別抗告の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android