当選(読み)とうせん

精選版 日本国語大辞典「当選」の解説

とう‐せん タウ‥【当選】

〘名〙
① 選抜されること。選ばれること。
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉一「外の二三冊と一所に放り込んで置いたのが、運悪く選したのである」 〔新唐書‐高崇文伝〕
② 選挙によって選び出されること。選挙によって選び出されたことが確定すること。
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉下「秋野さんも定めて御当選で御座いませう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「当選」の解説

とう‐せん〔タウ‐〕【当選】

[名](スル)
選にあたること。選び出されること。「二等に当選する」
選挙によって選び出されること。「市会議員に当選する」⇔落選
[類語]入選

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「当選」の解説

【当選】とうせん

選ばれる。

字通「当」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android