廃物(読み)はいぶつ

精選版 日本国語大辞典 「廃物」の意味・読み・例文・類語

はい‐ぶつ【廃物】

〘名〙 役に立たなくなった物。用いられなくなった物。廃品
随筆・胆大小心録(1808)一四二「券書のみを多くおさめて、数何万両といふよ。もし世乱たらば、一紙の廃物也」 〔呉越春秋‐王僚使公子光伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「廃物」の意味・読み・例文・類語

はい‐ぶつ【廃物】

役に立たなくなったもの。不要になったもの。廃品。「廃物利用」
[類語]廃品廃棄物屑物屑鉄ぽんこつ粗品安物見切り品傷物裾物払い物長物死物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「廃物」の読み・字形・画数・意味

【廃物】はいぶつ

無用のもの。

字通「廃」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

カッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)

イタリア系フランス人の天文学者。カシニともいう。ニース近郊に生まれ、ジェノバで聖職修業中に、ガリレイの弟子カバリエリに師事して数学・天文学を修得し、1650年25歳でボローニャ大学教授に任ぜられた。惑...

カッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android