幼魚(読み)ようぎょ

精選版 日本国語大辞典 「幼魚」の意味・読み・例文・類語

よう‐ぎょ エウ‥【幼魚】

〘名〙 からかえってもない魚。稚魚(ちぎょ)
※産業と気象(1950)〈大後美保〉二「コアユの産卵場所や幼魚の棲息場所が風のために荒らされるから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「幼魚」の意味・読み・例文・類語

よう‐ぎょ〔エウ‐〕【幼魚】

卵からかえって間のない魚。稚魚。
[類語]うおさかな魚族稚魚・若魚・成魚雑魚川魚かわうお川魚かわざかな淡水魚海水魚深海魚熱帯魚回遊魚・暖流魚・寒流魚・出世魚生魚せいぎょ生魚なまざかな活魚生けうお鮮魚青魚光り物猫跨ぎ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

サルノコシカケ

サルノコシカケ科やその近縁のキノコの総称。日本では4科約40属300種が知られ,ブナ林に日本特産種が多い。樹木の幹につき,半円形,木質で厚く堅く,上面には同心円紋があるものが多い。下面には無数の穴があ...

サルノコシカケの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android