幕僚長(読み)バクリョウチョウ

デジタル大辞泉「幕僚長」の解説

ばくりょう‐ちょう〔バクレウチヤウ〕【幕僚長】

統合幕僚監部および陸上海上航空自衛隊統合幕僚長自衛隊運用に関して一元的に防衛大臣を補佐する。
軍隊で、指揮官に直属して参謀事務に従事する者(幕僚)の長。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「幕僚長」の解説

ばくりょう‐ちょう バクレウチャウ【幕僚長】

〙 陸上・海上・航空の各自衛隊の長。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の幕僚長の言及

【自衛隊】より

…内局の長官官房に官房長が,各局に局長が置かれ参事官をもってあてられており,内局の職員は主として文官から構成されている。(2)陸・海・空自衛隊 各自衛隊は,それぞれ幕僚監部ならびに幕僚長の監督を受ける部隊および機関からなる。 各幕僚監部は,各自衛隊のそれぞれの隊務に関する長官の幕僚機関であり,各自衛隊の計画立案,部隊等の管理および運営の調整等に関する事務をつかさどる。…

【大本営】より

…最初に法令化されたのは1893年5月〈戦時大本営条例〉で,1年後の日清戦争時に初めて設置された。このときは陸軍の参謀総長が幕僚長となって陸海軍の作戦計画を担当した。また,統帥権独立制度の下で,統帥機関である大本営に文官である首相伊藤博文が列席して外交的見地から政府と統帥との調整にあたった。…

※「幕僚長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android