川端康成文学賞(読み)カワバタヤスナリブンガクショウ

デジタル大辞泉「川端康成文学賞」の解説

かわばたやすなり‐ぶんがくしょう〔かはばたやすなりブンガクシヤウ〕【川端康成文学賞】

川端康成を記念して昭和49年(1974)に創設された文学賞本人ノーベル文学賞賞金を基金とし、川端康成記念会が主催。年に1回、優れた短編小説に対して贈られる。第1回受賞作品は上林暁の「ブロンズ」。平成31年(2019)休止、令和3年(2021)再開

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android