島原 帆山(読み)シマバラ ハンザン

新撰 芸能人物事典 明治~平成「島原 帆山」の解説

島原 帆山
シマバラ ハンザン


職業
尺八奏者(都山流)

肩書
日本尺八連盟会長 重要無形文化財保持者(尺八)〔昭和57年〕

本名
島原 重蔵(シマバラ シゲゾウ)

生年月日
明治34年 9月16日

出生地
広島県 佐伯郡五日市町(広島市)

学歴
長春中(旧制)〔大正8年〕卒

経歴
米殻商に生まれる。大正3年渡満、バイオリンとオルガンを習う。8年広島に戻り、都山流尺八家の岡本葉山に入門。15年準師範試験に合格、皆伝を受け、帆山の号を許される。同年より竹帆会主宰。昭和13年大師範。16年に都山流の最高冠称・竹琳軒の冠号を許され、26年には流祖中尾都山の直門となり、琳帆山の称号を受ける。51年都山流尺八協会、56年日本尺八連盟結成以来、会長をつとめた。57年尺八の人間国宝に認定される。広島を拠点に全国行脚の演奏活動を精力的に展開。44年には米国公演を果たし、好評を博した。53年都山流本曲全61曲をレコードに収録。作曲に「平和の山河」、著書に「竹韻一路」がある。

所属団体
日本尺八連盟,日本三曲協会,広島邦楽・舞踊協会

受賞
勲五等瑞宝章〔昭和47年〕,勲四等旭日小綬章〔昭和60年〕 中国文化賞〔昭和56年〕,広島市名誉市民〔平成1年〕

没年月日
平成13年 12月15日 (2001年)

伝記
竹韻一路 島原 帆山 著(発行元 新芸術社 ’90発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

20世紀日本人名事典「島原 帆山」の解説

島原 帆山
シマバラ ハンザン

昭和・平成期の尺八奏者(都山流) 日本尺八連盟会長。



生年
明治34(1901)年9月16日

没年
平成13(2001)年12月15日

出生地
広島県佐伯郡五日市町

出身地
広島県広島市

本名
島原 重蔵

学歴〔年〕
長春中〔大正8年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲五等瑞宝章〔昭和47年〕,中国文化賞〔昭和56年〕,勲四等旭日小綬章〔昭和60年〕,広島市名誉市民〔平成1年〕

経歴
米殻商に生まれる。大正3年渡満、8年広島に戻り、岡本葉山に入門。15年準師範試験に合格、皆伝を受ける。同年より竹帆会主宰。昭和14年大師範。16年に都山流の最高冠称・竹琳軒の冠号を許され、26年には流祖中尾都山の直門となり、琳帆山の称号を受ける。51年都山流尺八協会、56年日本尺八連盟結成以来、会長を務めた。57年尺八都山流の人間国宝に認定される。広島を拠点に全国行脚の演奏活動を精力的に展開。44年には米国公演を果たし、好評を博した。53年都山流本曲全61曲をレコードに収録。作曲に「平和の山河」、著書に「竹韻一路」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「島原 帆山」の解説

島原 帆山 (しまばら はんざん)

生年月日:1901年9月16日
昭和時代;平成時代の尺八奏者(都山流)。日本尺八連盟会長
2001年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android