尾鰭が付く(読み)おひれがつく

精選版 日本国語大辞典 「尾鰭が付く」の意味・読み・例文・類語

おひれ【尾鰭】 が 付(つ)

事実以上に種々のことが付け加わる。複雑になる。
浄瑠璃・薩摩歌(1711頃)中「事が延びればおひれがつく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「尾鰭が付く」の意味・読み・例文・類語

尾鰭おひれ・く

が伝わる実際にないことが付け加わって大げさになる。「うわさに―・く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

サルノコシカケ

サルノコシカケ科やその近縁のキノコの総称。日本では4科約40属300種が知られ,ブナ林に日本特産種が多い。樹木の幹につき,半円形,木質で厚く堅く,上面には同心円紋があるものが多い。下面には無数の穴があ...

サルノコシカケの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android