小林 樟雄(読み)コバヤシ クスオ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和「小林 樟雄」の解説

小林 樟雄
コバヤシ クスオ


肩書
衆院議員(自由党)

別名
号=樟南

生年月日
安政3年9月16日(1856年)

出生地
備前国船頭町(岡山県岡山市)

経歴
岡山藩士の子。藩校兵学館、英仏普通学館に学んで上洛、フランス法の研究中、自由民権思想に共鳴。明治11年岡山に帰り、県民を代表して国会開設建白書を太政官に提出。13年国会期成同盟に入り、14年自由党結成に加盟。17年清仏戦争が起こると後藤象二郎らと謀り、朝鮮から清国追い出しを画策したが失敗。18年大阪事件連座、大井憲太郎らと捕まり、軽禁獄6年判決、上告中余罪がわかり重懲役9年に処せられた。22年憲法発布大赦で出獄。23年国会開設とともに衆院議員となり当選3回。自由党、立憲革新党などに属した。

没年月日
大正9年4月9日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典「小林 樟雄」の解説

小林 樟雄 (こばやし くすお)

生年月日:1856年9月16日
明治時代の自由民権家。衆議院議員
1920年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android