寒食(読み)かんしょく

精選版 日本国語大辞典「寒食」の解説

かん‐しょく【寒食】

〘名〙
① 古く、中国で、冬至から一〇五日目は風雨の烈しい日として、火断ちをして煮たきしないで物を食べた風習。また、その日。かんじき。《季・春》
※経国集(827)一一・奉和鞦韆篇〈滋野貞主〉「寒食節、周旧制、禁火余風猶未廃」 〔後漢書‐周挙伝〕
② はなはだしく貧乏な状態。
※見知らぬ人(1936)〈真船豊〉三「遺族の方が、寒食にさらされようといふ瀬戸際でござんせう?」

かん‐ぐい ‥ぐひ【寒食】

〘名〙 寒中に鹿(しか)、猪(いのしし)などの肉を食べること。薬食い。《季・冬》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「寒食」の解説

かん‐しょく【寒食】

古代中国で、冬至から105日目に、火気を用いないで冷たい食事をしたこと。そのころは風雨が激しいので火災予防のためとも、また、一度火を断って新しい火で春を促すためともいう。 春》「―や壺の底なるししびしほ/虚子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「寒食」の解説

かんしょく【寒食 hán shí】

中国において,火の使用を禁じたため,あらかじめ用意した冷たい物を食べる風習。〈かんじき〉とも読む。冬至後105日目を寒食節と呼び,前後2日もしくは3日間,寒食した。この寒食禁火の風習は古来,介子推(かいしすい)の伝説(の文公の功臣。その焼死をいたんで,一日,火の使用を禁じた)と結びつけられるが,起源は,(1)古代の改火儀礼(新しい火の陽火で春の陽気を招く),(2)火災防止(暴風雨の多い季節がら)などが考えられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「寒食」の解説

【寒食】かんしよく

火断ち。〔楚歳時記〕(冬至)を去ること一百五日、ち疾風甚雨り。之れをと謂ふ。火を禁ずること三日、(たう)(あめ)と大麥のる。

字通「寒」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の寒食の言及

【寒食】より

…〈かんじき〉とも読む。冬至後105日目を寒食節と呼び,前後2日もしくは3日間,寒食した。この寒食禁火の風習は古来,介子推(かいしすい)の伝説(晋の文公の功臣。…

【清明】より

…唐代以降,郊外に出かけて酒宴を開く,いわゆる踏青(とうせい)の行事が盛んになったのも,新鮮な緑へのあこがれのためである。清明節は,禁火のために冷食する寒食節の後に直接連続する祝日であり,早朝になると,人々は一斉に新しい火を起こした。これを新火と呼ぶ。…

※「寒食」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android