家鳩(読み)いえばと

精選版 日本国語大辞典「家鳩」の解説

いえ‐ばと いへ‥【家鳩】

〘名〙 ハト科の鳥。カワラバトの亜種で、世界各地で家禽(かきん)として飼育される。品種は五〇〇種以上知られ、愛玩・通信用などとして利用。日本では特に神社、仏閣、公園などに多い。かいばと。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
※源氏(1001‐14頃)夕顔「竹の中に、いゑばとといふ鳥の、ふつつかに鳴くを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「家鳩」の解説

家鳩 (イエバト)

学名Columba livia var.domestica
動物。ハト科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

デジタル大辞泉「家鳩」の解説

いえ‐ばと〔いへ‐〕【家×鳩】

カワラバト変種で、家禽かきん化した。どばと。飼いばと。
[類語]土鳩伝書鳩山鳩雉鳩河原鳩烏鳩青鳩

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android