宗教団体(読み)しゅうきょうだんたい

精選版 日本国語大辞典「宗教団体」の解説

しゅうきょう‐だんたい シュウケウ‥【宗教団体】

〘名〙 宗教教義の普及、儀式執行信者の教化または信者の懇親、相互扶助などを目的とする教派宗派教団、ならびに神社寺院教会、その他これらに類する団体
※閑耳目(1908)〈渋川玄耳〉救世軍の卑劣「宗教団体(シウケウダンタイ)が其組織を軍隊的に為ると否とは勝手だが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「宗教団体」の解説

しゅうきょう‐だんたい〔シユウケウ‐〕【宗教団体】

同じ宗教に属する人々によって構成され、教義の宣布、儀式の執行、信者の教化などを目的とする団体。宗派・教派・教団ならびに神社・寺院・教会など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宗教団体の言及

【宗教団体法】より

…宗教法規の整備統一を図り,宗教団体の地位を明確とし,保護・監督を強化することで,国家の統制下に宗教団体を置くことを目的に1939年(昭和14)4月8日に公布され,翌40年4月1日から施行された法律。 宗教に関する規定は,大日本帝国憲法第28条で〈日本臣民ハ安寧秩序ヲ妨ケス及臣民タルノ義務ニ背カサル限ニ於テ信教ノ自由ヲ有ス〉と限定つきで〈信教自由〉を認めているものの,〈宗教法〉のごとき宗教全般にかかわる法律が制定されていなかった。…

※「宗教団体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android