子女(読み)しじょ

精選版 日本国語大辞典「子女」の解説

し‐じょ ‥ヂョ【子女】

〘名〙
① むすことむすめ。子ども。
※童子問(1707)中「至子女臧獲之賤、米塩柴薪之細、大凡接乎耳目、施乎日用者、総是莫道」
※日本国憲法(1946)二六条「その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ」 〔春秋穀梁伝‐僖公三三年〕
② むすめ。女の子。女子。
※弔花(1935)〈豊田三郎〉「垂水良家の子女とホテルから出て来たことが判れば」 〔春秋左伝‐僖公二三年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「子女」の解説

し‐じょ〔‐ヂヨ〕【子女】

息子と娘。子供。「子女の教育」
娘。女の子。「良家の子女
[類語]子供少女女の子女児女子ガールギャル小娘童女どうじょ乙女おとめ乙女子おとめご女子おなごコギャルヤングミセスヤンママお嬢さん早乙女生娘おぼこ処女児女子弟愛児子息息男そくなん息女息子むすこせがれ子種子宝二世お子さま令息令嬢お坊っちゃんお嬢さんお嬢さま

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「子女」の解説

【子女】しじよ

児女。

字通「子」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android