奏功(読み)そうこう

精選版 日本国語大辞典「奏功」の解説

そう‐こう【奏功】

〘名〙 仕事をして績をあげること。また、ききめがあらわれること。功を奏すること。〔広益熟字典(1874)〕
※歩兵操典(1928)第三三七「予備隊の用途は不時の事変に備へ且中隊突撃の功を確実ならしむるに在り」 〔史記注‐屈原伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「奏功」の解説

そう‐こう【奏功】

[名](スル)目標どおりの成果があがること。功を奏すること。「和解工作が奏功する」
[類語]成就達成大成速成適う実現完成成立成り立つ成る出来しゅったい出来る出来上がる樹立確立存立打ち立てる成功上首尾結実開花実を結ぶ花開く物になる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「奏功」の解説

【奏功】そうこう

奏工

字通「奏」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android