大雪(読み)だいせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「大雪」の解説

大雪
だいせつ

二十四節気の一つ。元来太陰太陽暦の 11月節 (11月前半) のことで,太陽の黄経が 255°に達した日 (太陽暦の 12月7日か8日) に始り,冬至 (12月 21日か 22日) の前日までの約 15日間であるが,現行暦ではその第1日目をさす。この頃は降雪の多い時期で,昔中国ではこれをさらに5日を一候とする三候 (かつ鳥不鳴,虎始交,茘挺出) に区分した。これは,やまどりは鳴かず,虎は交接を始め,おおにらが生える時期の意味である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「大雪」の解説

大雪
たいせつ

二十四節気の一つ。陰暦11月の節で、立冬後30日、新暦では12月7日ごろにあたる。季節のうえでは、ちょうど初冬の中ごろにあたる。大都会では風の弱い日はスモッグの季節であり、また本土の日本海側では大が降る年もある。海は時化(しけ)る日が多くなるが、ブリやハタハタの季節でもある。クチナシやヤブコウジが赤く染まり、暖かい地方ではウメのつぼみが発育を始める季節である。

根本順吉

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「大雪」の解説

たい‐せつ【大雪】

〘名〙
① はげしく降る雪。多く積もった雪。おおゆき。
※正法眼蔵(1251‐53)行持下「しかあるに大雪市地埋山没峰なり」 〔春秋左伝‐隠公九年〕
② 二十四節気の一つ。太陽の黄経が二五五度のときをいう。新暦の一二月七日頃に当たる。《季・冬》
延喜式(927)一六「撃閇諸門、起大雪十三日冬至十五日〈日出辰一刻二分日入申四刻六分〉」

おお‐ゆき おほ‥【大雪】

〘名〙 ひどく降る雪。たくさんにつもった雪。⇔小雪。《季・冬》
万葉(8C後)二・一〇三「わが里に大雪降れり大原の古りにし里に降らまくはのち」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本文化いろは事典「大雪」の解説

大雪

12月7日頃 大雪とは、山岳ばかりでなく平野にも雪が降り積もる季節ということからついた呼び名です。この頃になると九州地方でもが張ります。クリスマスの飾りでにぎやかになる頃ですね。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

デジタル大辞泉「大雪」の解説

おお‐ゆき〔おほ‐〕【大雪】

雪が大量に降ること。また、大量に降り積もった雪。豪雪 冬》「―の山をづかづか一人哉/一茶」⇔小雪こゆき
[類語]豪雪吹雪みぞれ氷雨あられひょう白雪はくせつ白雪しらゆきダイヤモンドダスト淡雪綿雪牡丹雪粉雪細雪締まり雪ざらめ雪小雪風花どか雪吹雪く地吹雪雪嵐暴風雪ブリザード雪煙初雪新雪積雪根雪万年雪深雪しんせつ深雪みゆき残雪春雪

たい‐せつ【大雪】

激しく降る雪。多く積もった雪。おおゆき。
二十四節気の一。12月7日ごろ。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「大雪」の解説

【大雪】たいせつ

大ゆき。

字通「大」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android