大沢 昌助(読み)オオサワ ショウスケ

20世紀日本人名事典「大沢 昌助」の解説

大沢 昌助
オオサワ ショウスケ

昭和・平成期の洋画家



生年
明治36(1903)年9月24日

没年
平成9(1997)年5月15日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京美術学校洋画科〔昭和3年〕卒

主な受賞名〔年〕
二科賞〔昭和17年〕,国際形象展愛知県美術館賞〔昭和40年〕,中村彝賞(第4回)〔平成7年〕

経歴
昭和4年二科展に「丘上の少年」で初入選、18年二科会員となる。29〜45年多摩美術大学教授。30年頃から作風抽象に変わり赤・青・黒の色彩に大胆な構図の作品を主に描く。43年国際形象展同人。56年の個展大沢昌助の世界」は好評を博した。57年二科会を脱退。平成3年回顧展。フランスの団体展サロン・ド・メなどにも招待され、海外でも高く評価された。晩年は対象を単純化した簡潔な線と色面による人物、静物、風景画を描いた。具象と抽象の境界を越え、油絵から版画、本の装丁までこなした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「大沢 昌助」の解説

大沢 昌助 (おおさわ しょうすけ)

生年月日:1903年9月24日
昭和時代;平成時代の洋画家。多摩美術大学教授
1997年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android