外海 銕次郎(読み)ソトミ テツジロウ

20世紀日本人名事典「外海 銕次郎」の解説

外海 銕次郎
ソトミ テツジロウ

明治〜昭和期の実業家



生年
慶応2年5月(1866年)

没年
昭和8(1933)年4月7日

出生地
近江国(滋賀県)

旧姓(旧名)
田村

経歴
田附家に生まれ、のち外海家を継ぐ。米国に渡り綿花取引に従事し、明治32年帰国。綿糸を清(中国)に輸出して成功する。のち丸松合資を設立しメリヤス製造業を営む。傍ら、日東綿業取締役、大阪輸出メリヤス同業組合理事長などを務め、更に昭和2年日本輸出メリヤス組合連合会理事長を兼任した。この間、大正9年から8年間大阪商工会議所議員も務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android