塩化カルプロニウム(読み) えんかかるぷろにうむ

毛髪用語集「塩化カルプロニウム」の解説

塩化カルプロニウム

育毛剤に含まれる有効成分の1つで、毛細血管を拡張し血流量を増やし、毛乳頭への栄養補給を多くすることで毛髪の成長を促す。元々は「フロジン液」という名称で、医療機関向けに円形脱毛症などの治療薬として使用されていた。

出典 抜け毛・薄毛対策サイト「ふさふさネット」毛髪用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android