嘆息(読み)タンソク

デジタル大辞泉「嘆息」の解説

たん‐そく【嘆息/×歎息】

[名](スル)悲しんだりがっかりしたりして、ため息をつくこと。また、そのため息。「―をもらす」「不運をかこって―する」
[類語]ため息吐息嘆く悲しむ愁えるかこたんずる悲嘆愁嘆痛嘆嗟嘆さたん長嘆青息吐息虫の息

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「嘆息」の解説

【嘆息】たんそく

なげく。ためいきをする。・李白〔古風、五十九首、十二〕 風、六合(りくがふ)に灑(そそ)ぎ (ばくぜん)として攀(よ)づべからず をして長く息し 巖石のに冥棲せしむ

字通「」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android